【画像】吉永小百合の若い頃が超かわいい!デビュー当時から現代まで時系列写真まとめ

5月14日にA STUDIO+に出演された女優の吉永小百合さん。

御年76歳であの美しさには驚かされるばかりですが、若い頃は超かわいかったのでしょうね!

今回は、吉永小百合さんのデビュー当時から現在までの写真を、時系列に年代別に振り返ってみたいと思います。

吉永小百合プロフィール

まずは吉永小百合さんのプロフィールをご紹介します。

  • 生年月日:1945年3月13日(76歳)
  • 出生地:東京都渋谷区代々木西原
  • 血液型:O型
  • 身長:157㎝
  • 高校:私立精華学園女子高校卒業
  • 大学:早稲田大学第二文学部卒業

【画像】吉永小百合の若い頃が超かわいい!

吉永小百合さんは、現在も大変お美しく、またかわいらしい方ですが、若い頃は同世代の女優さんの中でもダントツの超絶美人でした!

若い頃の吉永小百合さんは、現在と変わらず「清楚」で古き良き日本人女性の美しさを代表するような女優さんだったと言われています。

女優、モデルから歌手としても活躍され、まさに昭和を代表する大女優です。

多くの芸能人がその長いキャリアの中で衰退や堕落を経験するものですが、吉永小百合は若い頃から現在まで、常に第一線で活躍されていますよね!

本当に女優の中の女優、「大女優」の名にふさわしい日本代表の女優さんだと思います!

吉永小百合のデビュー当時から現在まで時系列写真まとめ

1959年テレビドラマ『赤胴鈴之助』でテレビデビュー(14歳)

1959年テレビドラマ『まぼろし探偵』(14歳)

まぼろし探偵より

1962年『いつでも夢を』で「第4回日本レコード大賞」受賞。(17歳)

いつでも夢をより

 

1962年『いつでも夢を』で「第4回日本レコード大賞」受賞。(17歳)

1963年『青い山脈』(18歳)

青い山脈より

1963年『伊豆の踊子』(18歳)

伊豆の踊子より

奥に見える男性は高橋英樹さんですね。

1966年『大空に乾杯』(21歳)

大空に乾杯より

1974年『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』(29歳)

男はつらいよ 寅次郎恋やつれより

1974年『海は蘇る』(31歳)

海は蘇るより

1982年『続 夢千代日記』(37歳)

続 夢千代日記より

1988年『つる -鶴-』(43歳)

つる -鶴-より

2001年『千年の恋 ひかる源氏物語』(56歳)

千年の恋 ひかる源氏物語より

2008年『母べえ』(63歳)

2019年『最高の人生の見つけ方』(74歳)

最高の人生の見つけ方より

2021年『いのちの停車場』(76歳)

吉永小百合のデビュー前の写真は?

吉永小百合さんのデビュー前の写真も気になりますよね。

調べてみると、吉永小百合さんが小学校1年生の時の写真が見つかりました。

鍵盤に手を置く左側が6歳の吉永小百合さんです。

現在の清楚なイメージとは違い、当時は活発な女の子だったとのこと。

まとめ

吉永小百合の若い頃が超かわいい!デビュー当時から現代まで時系列でまとめた吉永小百合さんの写真ですが、やはり超かわいいですね。

幼少の頃から透き通るような清楚さを持っていた吉永小百合さん。

歳を追うごとに大人の女性としての魅力を増されていくのが分かりましたね。

これからもお体を大事に、活躍してほしいですね。

関連記事

NHK朝の情報番組「あさイチ」に南杏子(みなみきょうこ)さんが出演されます。 医師兼作家という特殊な肩書を持つ南杏子さん、なんとテレビ初出演とのこと。 南杏子さんは何と33歳で医師を志し、55歳で作家デビューされたというから驚き[…]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
>POPRESSO

POPRESSO

気になるトレンド をPOPに配信

CTR IMG