ついに和牛が情熱大陸に!川西さん、水田さん、おめでとう!

ついに和牛情熱大陸に初上陸する。

番組サブタイトルは『「舞台こそ僕らの生きる道」ブレない”漫才師“としての生き様』だ。

タイトルだけで少し涙が出そうになってしまうのは私だけではないだろう。

情熱大陸出演を記念して川西さんと水田さんについて調べてみた。

和牛のプロフィール

  • 本名:水田信二(ボケ:向かって左)
  • 出身:愛媛県伊予市
  • 生年月日:1980年4月15日(40歳)
  • 血液型:O型
  • 身長:168cm
  • 体重:73kg
  • 調理師免許を持つ

 

  • 本名:川西賢志郎(ツッコミ:向かって右)
  • 出身:大阪府東大阪市
  • 生年月日:1984年1月29日(37歳)
  • 血液型:O型
  • 身長:170cm
  • 体重:63kg

 

2006年コンビ結成。コンビ名「和牛」は、当時水田が勤めていたステーキ屋で一番高いコース名から付けられた。

週刊文春オンライン「好きな芸人2020」ランキング2位

和牛のM-1成績

M-1グランプリでは6度目の挑戦となる2015年に初の決勝進出。第6位という成績を残す。

その後5年連続決勝進出、決勝の常連となった。

2016年からは3年連続準優勝という大記録を打ち立てる。

M-1グランプリ2019は準決勝敗退。敗退したことがヤフーニュースのトップに載り話題に。

その後行われた敗者復活戦を制し、本戦へ出場するも、結果は4位と最終決戦進出には及ばなかった。

2019年、出場資格を2年残しM-1卒業を宣言。

多数のテレビレギュラーの他にラジオ、エッセイの連載などを抱え、年間500ステージに立ち、日々『面白い漫才』を追求している。

和牛が情熱大陸に!

「4分の漫才の大会に出ないだけで、面白い漫才をやることは変わらない」飄々と話す2人。その舞台直前、2人は客席の年齢層や男女比、団体客の有無などいくつもの要素を細かくチェックし、その時ベストのネタを披露。ネタが終わるや否やネタの反省を始める。「和牛さんほどネタにストイックな人はいないです」と、後輩たちは口を揃える。自らの笑いに妥協しない強い信念を持つ彼ら。番組では水田・川西それぞれが自身の“笑いのルーツ”と語る場所を訪れ、新ネタを作る様子も。ブレない“漫才師”としての生き様に迫る。

和牛のすごさ

和牛のすごさはなんと言っても「漫才の面白さ」にある。

5年連続決勝進出、3年連続準優勝は、もはや優勝以上の価値があると言っても過言ではない。

生放送3時間で行われるM-1には当然「流れ」がある。

M-1出場者は「面白い漫才」はもちろんのこと、「」も兼ね備えなければ優勝することはできない。

3年連続準優勝という肩書は、紛れもない彼らの実力を示している。

毎年優勝候補と囁かれる中で、審査員を含めた会場の全員の期待値を上回ることは、並の芸人になせる技ではない。

自分たちの笑いを信じ、地道に努力を積み重ねてきたからこそ手に入れられる真の実力なのだ。

そんな彼らの素顔を垣間見るのが楽しみだ。

スポンサードリンク
>POPRESSO

POPRESSO

気になるトレンド をPOPに配信

CTR IMG