重陽の節句(ちょうようのせっく)菊の節句の意味とは?9月9日は長寿の日

突然ですがみなさん、9月9日がなんの日かご存知ですか?
9月9日は重陽の節句(ちょうようのせっく)と呼ばれ、長寿を願う日とされているのです。
その意味や理由についてまとめてみました。

スポンサードリンク

重陽の節句(ちょうようのせっく)菊の節句の意味とは?

9月9日は「重陽の節句(ちょうようのせっく)」です。

古来より中国では「9月9日は1年で最も縁起が良い日」と言われており、長寿を願う日とされてきました。

なぜ9月9日が1年で最も縁起が良いかというと、中国の「陰陽思想(いんようしそう)」に由来します。

陰陽思想では、奇数は「陽」つまり縁起が良い数字とされ、偶数は「陰」縁起が悪い数字とされています。

9は一桁で最も大きい奇数であるため、中国では縁起が良い数字とされています。

そこで9が重なる9月9日は、1年で最も縁起が良い日と考えられてきたそうです。

スポンサードリンク

菊の節句とは?重陽の節句との違いは?

重陽の節句に加え、菊の節句という言葉を耳にしたことのある方も多いと思います。

菊の節句と重陽の節句はどちらも9月9日を指す同様の意味として使用されます。

旧暦の9月9日は現在の10月中旬にあたり、菊が咲く季節でもあったことから、重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれているのです。

3月3日は「桃の節句」としても知られていますよね。

このように節句にはそれぞそ植物が関連付けられているんです。

他の節句も確認してみましょう。

スポンサードリンク

そもそも節句とは?5節句一覧

節句(せっく)は、代古中国の陰陽五行説を由来として日本に定着した暦。

伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日。
Wikipediaより

五節句の一覧は以下の通りです。

  • 1月7日…人日(じんじつ)の節句。和名は「七草の節句」七草粥を食べる。
  • 3月3日…上巳(じょうし) の節句。和名は「桃の節句」雛祭で菱餅や白酒などを食べる。
  • 5月5日…端午(たんご) の節句。和名は「菖蒲(しょうぶ)の節句」 菖蒲酒。菖蒲湯の習俗あり。関東では柏餅、中国や関西ではちまき。
  • 7月7日…七夕(しちせき) の節句。和名は「笹竹の節句」七夕(たなばた) 裁縫の上達を願い素麺が食される。
  • 9月9日…重陽(ちょうよう) の節句。和名は「菊の節句」菊を浮かべた酒「菊酒」を飲む。

陰陽思想で縁起がいいとされる「奇数」の月のゾロ目の日が節句にあたるということですね。

ちなみに

3月3日・5月5日・7月7日は同じ曜日
というから不思議ですね!
勉強になりました。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
>POPRESSO

POPRESSO

気になるトレンド をPOPに配信

CTR IMG